たまに書くブログ

仕事+資産運用は生活のため、お茶は生きるため。裏千家の茶人です。

ループイフダンで儲けるのは不可能

すごーく長い目で見たら利益が出るかもしれないけど、ドル円とか10円~20円くらい動いちゃいますから、110円で買い始めて100円近くまで落ちていれば、その時点でかなりの含み損を抱えます。

110円から100円に落ちたときに、例えば、テーパリングが行われてさらに90円まで落ちました、とか、地震が起きて一瞬80円まで落ちました、というシチュエーションで破産します。

ドル円なら、下は80円、上の天井は無し、くらいのイメージがあるので、そのくらいに耐えられるようなレバレッジで運用するなら悪くないと思いますが、その場合はほとんどレバをかけられないと思います。 つまり、非常に資金効率が悪い。

ということは、自動売買するなら、やはり、トレンドフォローやスキャルピングのシステムしかない、ということになります。

そこで、僕がやったのがインヴァスト証券のフルオートですが、これはクソみなたいシステムでした。とにかく収益が安定しない。 シストレ24で、1年前に上位になったストラテジーって、今はほとんど残ってないと思います。

ということで、インヴァスト証券からも資金を完全撤退しました。

残るは、自動売買の原点、MT4のEAです。

これは、どうでしょうか・・・。

SCAL_USDJPYというのが去年は結構儲けてくれたんですが、3月に-200pipsというSLを食らって、収支はとんとんになりました。最近はまた復活してきていますが。

その反省を考えると、勝率を下げてでも、SCALの-200pipsというストップロスはやめたほうがよいですね。-100以内、というのが原則でしょう。

ちなみに、今月から調子に乗ってEAを合計8本も廻し始めました。15万くらいは投資したということになりますね。。まぁ、そらくらいは回収できてます。

今のところの所感をまとめると、EAの中でも、トレンドフォローや、スキャルピング系を中心に、損切りの比較的浅め(100pips未満)のストラテジーあるいは、変動SLのストラテジーで、レバが最大10くらいになるように調整すれば、大儲けはできなくても、年利10~50%くらいの幅で運用できるようなイメージはあります。5月は非常に調子が良く、仮にこれが続けば、年間で70%以上の利回りを獲得できそうですが、深めのSLを数本食らうでしょうし、エントリーしにくい相場もやってくるでしょうから、10~50%くらいの利回り、という見込みです。調子にのってレバレッジを上げすぎると、もっと悪いシナリオもあります。

さらに、EAというのは皮肉なもので、人気が出すぎると、注文が約定しにくくなって儲けにくくなります。 あるいは、来年あたりにレバレッジ規制がかかると、多くの日本人開発者が得意なドル円の取引量が落ち込んで現在のEAが通用しなくなるかもしれません。

そう考えると全く永続的ではありません。

まぁ、楽に儲ける、っていうのは難しいということです。

暇な時に、私のEAポートフォリオを公開しようと思います。

例えば、500万突っ込めば、50万~400万の範囲で利益が出るハズ、と思います。(まぁこれは希望的観測ですが!)