FXアルゴリズムトレード運用レポート

MT4のEA(Expert Advisor)を使ったアルゴトレード(自動売買)の実績メモ

自動売買収支 -120725 (8/21) ガビーン!負けました

2018/8/21のFX売買の成績は、-120725円でした。

自動売買のプログラム達は悪くないのです。私が悪い・・・。

Pips Minerが大負けしてますが、これは私の責任です(泣)実は、必要以上に負けてるのです。

まぁ、絶対戻るだろう、という安心感と、ちょっと裁量が解ってる風のいきがった気持ちの驕りから、ストップロスを直近のレジスタンスまで引き上げてたのです。

ところが、トランプ砲によってレジスタンスが難なく突破され、想定よりも、大きく負けてしまいました。。さらに、絶対、戻る!ーと思って夜に入れた裁量で入れたショートが4万近いマイナス・・・。俺はアホかと。

改めて、裁量トレードは挟まないことを決意するのでありました・・・。昨日は暇だったんだもーん。

その辺の余計なことをしていなければ、ー6万くらいで済んだと思います。そのくらいならば、全く問題のない水準のドローダウンでした・・・

というのも、三本の矢が3万通貨しか入れてないのに、5万円と爆裂してくれたことや、同じくロットの少ないDelta2が大きく決めてくれているからです。

三本の矢、全体のロットを0.4Lotに昇格です!Delta2はどうしようかな、、多分、DDがでかいEAなので、上げにくい・・・。

なんか、最近、こういうミスばっかりです。手動で動かしたことによるミスで、-10万以上は食らってるような気がします。。

EAの製作者さん、パフォーマンスを下げてスミマセン!

成績が悪くなると、成績が良かった人のEAが欲しくなるのが常。

最近、新しいEAを入れまくってるのですが、さらにコイツを購入しようかと・・・。

うー、大丈夫なんでしょうか。こんなに動かして・・・。EURUSD系のスキャルピングEAが増えすぎてる感…。ロット調整して、挑みます!

FOREX RANGE FREAK EURUSD
他社で公開済みの一番人気のEAをGogoJungleの積極的トレーダー向けにアレンジ
他社で公開済みの一番人気のEAをGogoJungleの積極的トレーダー向けにアレンジ?|?fx-on.com

EA別成績(日別)

EA名 pips 日次収益 MaxLot 回数 累計PIPS 累計収支
scal_usdjpy(C) 0 0 1.0 0 669 404903
一本勝ち(A) 0 0 1.8 1 193 212825
PIPS MINER -291 -160004 1.5 4 -133 -80652
Flashes eurusd 11 9344 0.8 1 117 104778
Insta FX 6 7040 1.1 0 77 50092
Flashes usdjpy 16 6240 0.4 3 20 -9482
一本勝ち(C) 0 100 1.0 1 18 14472
SCAL_usdjpy 0 0 0.8 0 150 46687
ココペリ_usdjpy 0 0 0.5 0 27 21761
オンリーワン 0 0 0.5 0 -164 -47272
上がり3ハロン 0 0 1.0 0 -31 -30900
Multi Logic Shot_EURUSD 0 0 0.2 0 0 0
Multi Logic Shot_USDJPY 0 0 0.2 0 86 9886
Multi Logic Shot_GBPUSD 0 0 0.2 0 79 9346
Beatrice_Delt2 76 24781 0.5 1 90 29498
Angel Heart -28 -5560 0.6 0 -58 -11500
三本の矢 179 53857 0.9 0 517 78766
百花繚乱_eurusd -54 -23847 0.4 0 7 -60898
EA_final_
max_Revolution
0 0 0.3 0 14 -11103
Spiral_audcad 0 0 0.0 0 -63 -103500
裁量 -59 -32676 - 3 -1382 -177555
合計 -258 -120725 - 10 0 450152

一本勝ち(A)は、ストラテジーアクエリアス、(C)はキャンサーです。色々と内部ロジックを選べるのが一本勝ちの特徴でもあります。 上がり3ハロンは、本来無敗なのですが、寝ぼけて損切りするという失態で、マイナスです

Angel Heartのバックテスト最適化結果

次のような条件で、Angel Heartのバックテスト最適化を行いました。 そこそこのハイスペックなマシンで実施しても、数時間以上かかる検証ですので、よろしければ参考にしてみてください。

最適化項目

項目 始値 最大値
Stop Loss 70 100
TakeProfit1= 30 50
TakeProfit1P= 30 70
TakeProfit2P= 40 90
TakeProfit3P= 50 100
TrailingStopPoint= 10 15
TrailingStartPoint_1P= 10 30
TrailingStartPoint_2P= 20 40
TrailingStartPoint_3P= 30 50

最適化結果の検証

Google Spreadsheetに貼り付けて分析をすすめていきます。

まずは、最大ドローダウン(金額)をY軸、総利益のをX軸にして、散布図を作成します。

f:id:keiji_kc:20180820110104p:plain

さて、この図を見ると、大きく3つのグループに分けられそうです。

f:id:keiji_kc:20180820110024p:plain

Group1は、利益もドローダウンも小さく、守りの設定です。 Group2は、リスクの程度がぐんと高まり、やや伸びます。 Group3は、Group2に比べてややドローダウンが伸びて、利益がぐんと伸びそうです。

どうやら、Group3が良さそうな雰囲気です。

さて、どのような設定が影響しているのでしょうか?

それを調べるのに便利なのが「相関係数」という考え方です。

2つのデータ間の関連性の強さを調べる方法で、エクセルやGoogle Spreadsheetで簡単に出せます。(関数は、correl(データ1, データ2))です。

数値Aがあがるとき、同時にBも同じように上がれば、相関係数は高くなります。 数値Aがあがるとき、逆にBが反対方向に下がれば、相関係数は低くなります。

数値は、-1~+1の間で推移します。 0に近いところでは、2つの数値の関連性が全くなくて、「無相関」となります。

最適化テストをするときは、あまり沢山の組み合わせを使いませんので、±0.3もあれば、かなり高い相関関係がある、と思ってよいです。

さて、検証したデータ別に相関関係を見てみます。

項目 始値 最大値 相関係数 言えること
Stop Loss 70 100 0.36 大きいほうがよい
TakeProfit1= 30 50 0.10 小さくてもよい
TakeProfit1P= 30 70 -0.07 小さくてもよい
TakeProfit2P= 40 90 0.24 大きいほうがよい
TakeProfit3P= 50 100 0.10 小さくてもよい
TrailingStopPoint= 10 15 0.57 大きいほうがよい
TrailingStartPoint_1P= 10 30 0.27 大きいほうがよい
TrailingStartPoint_2P= 20 40 0.24 大きいほうがよい
TrailingStartPoint_3P= 30 50 0.17 大きいほうがややよい

ストップロスの値

さて、ここで難しいのは、SLを大きくすると、1発の損失が大きくなることです。

ただ、この表から、あまりに小さいのはよくない、ということも言えます。

70はダメ、80も微妙、そうすると、90か100あたりか、、となります。

個人的には、90も100ももはや、もはや、どっちでもよいかな、という感じです笑 相関関係も大きそうですし、それなら、100にしようかな、となります。

トレーリングストップ

いつも一番悩むのは、トレーリングストップの値です。

これを小さくすると、プラスで着地できる可能性が高くなります。コツコツ確実に、積み上げるなら、TSは小さい方がよいです。 ただ、上記の通り、トレーリングストップが小さいと利益も小さくなります。

私は、性格的には、なるべくプラスで終わりたい、、という感じなので、「なるべく小さなTS値で、大きな利益を狙いたい」という考え方です。

Spreadsheetを純利益でソートして、TS値の4つの値の合計が小さいパターンを探していくと・・・

ありました! こんな設定です。

StopLoss 100
TakeProfit1= 40
TakeProfit1P= 50
TakeProfit2P= 90
TakeProfit3P= 70
TrailingStopPoint= 15
TrailingStartPoint_1P= 20
TrailingStartPoint_2P= 20
TrailingStartPoint_3P= 40

こんな設定です。

はじめのグラフの中では、この辺です。

f:id:keiji_kc:20180820120115p:plain

場所的には、悪くないんじゃないでしょうか。

私の場合は、「リスクを抑えながら利益を最大化する」、という方針なので、この辺なら十分に素晴らしい期待利益です。

「リスクを抑える」というのをDDがとにかく低くて、利益が大きい、という考えで選ぶこともできますが、私の場合は、ある程度、トレーリングストップにかかりやすい数値を目指しました。

ここまで数値を特定できると、今度は、固定できる数値は固定して、悩ましいところ、TPの設定値などに絞って、より細かく最適化していくとよりベターな設定値を作れると思います。

私は、まぁ、、こんなもんでいきます。時間がない・・・。

Angel Heartが無料でもらえる口座開設キャンペーン

アヴァトレード・ジャパン株式会社Angel Heart USDJPYタイアップキャンペーン
アヴァトレード・ジャパン株式会社Angel Heart USDJPYタイアップキャンペーン
アヴァトレード・ジャパン株式会社Angel Heart USDJPYタイアップキャンペーン?|?fx-on.com

Angel Heartの購入はこちら

Angel Heart USDJPY
エリオット波動論に基づいた高勝率EAです!
エリオット波動論に基づいた高勝率EAです!?|?fx-on.com

1. 自動売買(アルゴリズムトレード)とは何か?

眠っていても利益を上げるFXの自動売買とは?

為替で儲ける方法は、値段の変化を予測して売買する、だけです。 具体的には「安く買って、高く売る」「高く売って、安く買い戻す」という2つだけです。

キャリートレードという、金利目的のトレードもありますが、まぁ大体の場合、なかなかうまくいかないですし、ストレスもかかる割に、うまくいっても利益率が低いのでここでは省きます。

裁量トレードで勝つのは普通の人には難しい

普通は、「裁量トレード」といって、自分で売買のチャンスを探して取引します。

ただ、この裁量トレードというものは、想像以上に難しいのです。 為替市場は、何兆円ものお金が常に動いていて、その道のプロたち(銀行/ヘッジファンドなど)が、人生をかけて必死に戦ってる戦場ですから、素人がちょっと為替を予想して勝てるものではありません。

もちろん、勝てることはありますが、「勝ち続ける」ことは、想像を絶するくらい難しいです。

勝ち続ける才能と、粘り強い精神力があれば、何千万クラスで利益を生み出すことも夢ではありません。

秒速で億を稼ぐ、とかいって話題になっていた与沢翼さんも、今は為替で巨額の富を築いているらしく、シンガポールで豪勢な生活をされているそうです。

ただ、残念ながら、普通の人には難しいです。自分は与沢翼に負けるはずがない、あいつでできるなら、俺でもできるはずだ、と思う方はぜひ挑戦したらよいと思いますが・・・、オススメはしません。

なぜ、素人には裁量トレードが難しいのか?

トレードをするとき、プロでも素人でも、誰でも「チャート分析」というものをやります。

例えば、売られすぎて値段が下がりすぎたら、一時的に価格が反発するから逆張りする、とか、すごく強い上昇トレンドが出ているから、同じ方向に買う、とか、そういうやつです。

過去の値動きを見て、これからの値段を予測することは、一般に「テクニカル分析」と呼ばれています。

テクニカル分析の手法は、星の数ほどあって、相場の状況によって使い分けます。

例えば、すごく単純な分析の例として、200日移動平均線を上抜いたら、買い、というルールを作るとします。

これを、実際にやってみるとわかるのですが、人力でやろうと思うと、その瞬間がいつくるか、全く予想できません。それまで、じっと待たないといけないのが相場です。

これは、人間には難しいです。特に、働いている人は、昼間、チャートを見れませんのでさらに難しいです。1ヶ月ぶりにでたシグナルがでたのに、そのときは、会社で会議中だった!とか、ベッドでぐっすり寝てた!みたいなことになります。

自動売買なら、24時間、プログラムが相場を監視してくれる

自動売買ツールでは、そういった分析をプログラムが自動的に行なった上で売買を勝手に行ってくれます。

仕事をしてようが、出張で飛行機に乗ってようが、プログラムが勝手に相場を見て売買します。

そのプログラムのことをExpert Advisor、通称、EAと呼びます。EAは、メタトレーダーというソフト上で動くプログラムです。

このプログラムを自分で作る、となると大変ですが、EAは簡単に購入できます。

無料で配布しているEAもあるようですが、実際のところは有料でちゃんと購入した方が成績は安定します。有料だからといって、すごく高いわけではなく、1~3万円のものがほとんどです。だいたいすぐに取り返してくれます。

例えば、一本勝ちと呼ばれるEAの2005年〜2015年までの10年間のバックテスト結果をご覧になってください。

※バックテストとは、過去のチャートデータを利用して、実際にプログラムが動かしていたらどうなっていたか?を分析することです。

https://fx-on.com/meta/8815/strategytester.gif

若干のギザギザはあるものの、見事な右肩あがりで、初期の100,000ドルから、合計で582,950ドルの利益を生み出しています。10年の利回りは580%、1年で58%です。年間58%の利回りというのは、凄まじいものがあります。しかも、この数字は複利ではなく単利の数字です。

ちなみに、これは、一本勝ちという名前のEAで、日本最大のEAの売買マーケット(fx-on)で人気のあるEAの一つです。1500人くらいが利用しています。私も、このEA(ストラテジー)には安定して儲けさせてもらっています。(詳しくは、定期的にこのブログにアップしている報告をご覧ください!)

じゃあ、この自動売買を動かすにはどうしたらよいか?というのは次の記事で紹介します。

MT4でerror 133が表示された場合の解決策

先日、新たに契約したVPSにXMのmt4をインストールしてEAを動かそうしたところ、一向に取引されないというトラブルにあいました。

エラーを確認してみると、Error 133と表示されています。 見慣れないエラーです。

色々とエラー原因を調べたのですが、以下のような対応で解決できました。

英語の場合 メニュの view > Symbols をクリック

日本語の場合 メニューの 表示 > 通貨ペアリストをクリック

そうすると、Forex1とか、Forex3とか、色々フォルダが出てきます。

私の場合、"Forex 3 ZR"の中にあった"USDJPY"や"EURUSD"などの取引したい通貨ペアがグレー表示になっていましたので、それをダブルクリックしてデータを有効化しました。

これで、晴れて取引が開始できました!

Forex 3 ZRは、ゼロスプレッド口座という意味です。こちらの口座では、チャートデータが全くインストールされていなかった、ということだと思います。 単純な話ですが、結構解決まで時間がかかってしまいました・・・。

週報 2018/8/12-8/17 +51283

大きめのSLがあったものの、無事にプラスで利確です。

収益のイメージとしては、週平均で5〜6万あるのが理想なので、これを平均値にしたいですね。

大きく勝って、15万、ダメダメでトントン、その他が5〜6万くらい、月のアベレージで20万くらい、というのが理想です。 ちなみに、計算上は月間37万の利益なんですがね・・・笑 期待してもろくなことは起きないので、淡々といきます。

EA名 pips 収益 MaxLot 回数 累計PIPS 累計収支
scal_usdjpy(C) 34 30960 1.0 7 669 405403
一本勝ち(A) -26 -47340 1.8 5 193 212825
PIPS MINER 34 19571 1.2 5 158 79352
一本勝ち(C) -37 -36645 1.0 6 18 14372
SCAL_usdjpy 10 8320 1.0 2 150 46687
Insta FX 16 20771 1.1 5 71 43052
ココペリ_usdjpy 3 1450 0.5 1 27 21761
Flashes usdjpy 32 12008 0.8 7 4 -15722
オンリーワン -77 -23687 0.5 8 -164 -47272
上がり3ハロン -31 -30900 0.5 1 -31 -30900
Multi Logic Shot_EURUSD 0 0 0.5 0 0 0
Multi Logic Shot_USDJPY 86 9886 0.5 7 86 9886
Multi Logic Shot_GBPUSD 79 9346 0.5 7 79 9346
Beatrice_Delt2 14 4717 0.5 2 14 4717
Angel Heart -29.7 -5940 1.5 1 -29.7 0
Flashes eurusd 53 44519 0.8 10 107 95434
EA_final_
max_Revolution
0 0 0.2 0 14 -11103
百花繚乱EUR 35 15493 0.4 2 61 -37051
三本の矢 82 24404 0.6 10 351 28899
Spiral_audcad 0 0 0.0 0 -63 -103500
裁量 -7 -5650 0.0 2 -1323 -144879
合計 270 51283 15 86 581307

自動売買収支 +27836 (8/17) 順調です。

2018/8/17のFX売買の成績は、+27836円でした。

PIPS MINERがすごく調子よいですね。 このEAは、多少の含み損を抱えても、信じて放って置くに限ります。

とにかくドル円のトレンドが出ないので、オンリーワンはダメですね~。

EA自体は悪くないと思うのですが、ここまでトレンドのない相場では全く稼げないEAです。

大相場が来るまで、1万ロットに落としておきます。大相場が来たらロットを上げる作戦にします。

現在は、ドル高・円高相場なので、どうしても、ドル円はトレンドがでにくく、スイングっぽくポジションを持つEAはうまくワークしません。

むしろ、ユーロ円などのクロス円、ユーロドル、ポンドドルあたりが、適度なボラティリティがあってよい感じですね。 だから、三本の矢が調子よいわけですね。

もしかしたら、この傾向は秋にあるトランプの中間選挙くらいまで続くかもしれません。

ドル円以外の通貨ペアでよさそうなEAを探してみようかな・・・。

私が持っているEAだと、

PIPS MINER

Flashes eurusd

三本の矢

Multi Logic Shot

このあたりが最近は好調です。

その他に狙いどころは、EA_final_max_5pairあたりでしょうか。

EA_final_max_5pair
【完全同一ロジックで5通貨ペアが右肩上がりのEA】
【完全同一ロジックで5通貨ペアが右肩上がりのEA】?|?fx-on.com

他には、MultiLogicShotのT2というバージョンもよさそうです。

MultiLogicShot_T2
MultiLogicShot_EAの別通貨(EURJPY・GBPJPY・AUDUSD)バージョン
MultiLogicShot_EAの別通貨(EURJPY・GBPJPY・AUDUSD)バージョン?|?fx-on.com

EA別成績(日別)

EA名 pips 日次収益 MaxLot 回数 累計PIPS 累計収支
scal_usdjpy(C) 0 0 1.0 0 669 405403
一本勝ち(A) 11 19800 1.8 1 193 212825
PIPS MINER 18 9990 1.5 2 158 79352
Flashes eurusd 8 6826 0.8 1 107 95434
Insta FX 0 0 1.1 0 71 43052
Flashes usdjpy 13 5280 0.4 1 4 -15722
一本勝ち(C) -1 -900 1.0 1 18 14372
SCAL_usdjpy 0 0 0.8 0 150 46687
ココペリ_usdjpy 0 0 0.5 0 27 21761
オンリーワン -22 -6480 0.5 1 -164 -47272
上がり3ハロン 0 0 0.5 0 -31 -30900
Multi Logic Shot 0 0 0.5 0 0 0
Multi Logic Shot 15 2090 0.5 2 86 9886
Multi Logic Shot 16 2090 0.5 2 79 9346
Beatrice_Delt2 0 0 0.5 0 14 4717
Angel Heart -30 -5940 0.3 0 -30 -5940
三本の矢 0 -4920 0.9 0 351 28899
百花繚乱_eurusd 0 0 0.4 0 61 -37051
EA_final_
max_Revolution
0 0 0.3 0 14 -11103
Spiral_audcad 0 0 0.0 0 -63 -103500
裁量 0 0 - 0 -1323 -144879
合計 27 27836 - 7 0 575367

一本勝ち(A)は、ストラテジーアクエリアス、(C)はキャンサーです。色々と内部ロジックを選べるのが一本勝ちの特徴でもあります。 上がり3ハロンは、本来無敗なのですが、寝ぼけて損切りするという失態で、マイナスです

なぜ、投資信託や国内・国外の株式や不動産ではなく、FXをメインにすべきか?

こんにちは、keichangです。

多くの人が、資産運用のことで一度は悩んだことがあると思います。

今の日本は、銀行にお金を預けてもほとんど利回りはつかず、定期預金にしても、1円の利回りが10円になる程度、、といった悲しい状況です。

そこで、安倍さんが総理になって以降、非常に日本株の調子がよいので、株や投資信託で資産運用を検討した、あるいは、既に始めている、という方もかなり多いと思います。

ここでは、2018年現在、株やETF、株を中心とした投資信託を買うのがいかにリスクが高いか?を説明します。

記事のサマリー

  • 現在、株は長期間上がり続けていて、いつズドンと落ちてもおかしくない(一直線に株が上がり続けることはない)
  • 株や不動産のバブル崩壊の火種は、いたるところにくすぶり始めてる
  • まだ1,2年くらい、株は上がるかもしれないが、上値より下値の方が値幅が大きくなる可能性が高い
  • 一方で、FXなら、価格が上がろうが下がろうが関係なく利益を上げられる。
  • FXは自動売買ができるので、放ったらかしで大丈夫(スキル不要で初心者でもOK)

投資や資産運用といえば、株や投資信託をイメージされる方が多いのではないでしょうか?

最近は、NISAもありますし、また、アメリカ株もずっと好調が続いていますので、そのあたりに関心を持たれている方も多いかもしれません。 不動産もバブルが続いてますので、資産運用に関心がある方は、既に何かしら、マンション投資などをやっている方もいるかもしれません。

巷では、株や不動産は安全、FXはリスクが高い、というイメージがあります。 しかし、本当にそうでしょうか?

ここでは、2018年時点の株への投資がいかにリスクが高いか?を説明します。

「株の長期投資は必ず儲かる」の嘘

株は、「プラスサムゲーム」と言われています。 厳密には、株価指数インデックスのことを指して言うことが多く、具体的には、日経平均TOPIXアメリカのダウ平均、ナスダックなどです。

プラスサムというのは、ずーっと(世界の人口が増え続ける限り)成長し続ける、という話で、買った人全員が利益を得る、という話です。 実際、株取引が始まってから、100年以上、世界の株価は上がり続けています。

だから、コツコツ買っていけば、誰も長期で見た時に損をすることはない、というロジックです。

本当にそうでしょうか?

例えば、仮にあなたが1989年時点の40歳のバリバリのサラリーマンで、バブル絶頂のイケイケ証券会社営業マンにおすすめされるままに、銀行に寝かしていた500万を、日経平均をバブルの絶頂期の1989年、38952円で買ったとしたらどうでしょうか?

30年近くたった今でも、23000円くらいですので、60%くらいしか回復していません。 2009年には7054円まで落ちましたので、なんと、1989年から20周年目にして、80%もの下落です。

「株は長期保有で必ずプラス」、というのは、確かにそうかもしれませんが、20年後に資産が80%減り、30年たっても、未だにマイナスだったとしたら、下手したら人生が終わってしまいます。

ドルコスト平均法の嘘

もしかしたら、証券会社の営業マンから「ドルコスト平均法」で運用するから、そんなリスクはありませんよ、と説得されるかもしれません。 しかし、ドルコスト平均法も万能ではありません。確かに、リスクは低減させられますが、私が計算したところ、1980年台半ばからドルコスト平均法で日経を買っていたとしても、未だに含み損を抱えたママです。

ドルコスト平均法については、長くなるので、こちらにまとめました。 特にデメリットについて、知りたい方は読んでみてください。

keichang.hatenadiary.jp

2018年時点で、果たして株を買うべきか?

(少し、ドルコスト平均法のデメリットの記事とも重複するので簡単に・・・)

今、株価は空前の高値を付けています。 日経平均は、バブル崩壊後の高値圏の24000円、アメリカのダウ平均は、9年連続で高値を更新し続けています。

株は、ただ買えば儲かるわけではなく、「安い時に買って、高くなったら売る」が基本です。

今、「高い」時に株を買うべきか?と言われると、相当慎重になるべきです。

もちろん、高いところから、さらに高くなる、という可能性もありますが、今の相場は、日銀が演出した相場で、長くは持たない、というのが、だいたいの経済学者の共通見解です。 先日も、日銀の保有資産が、日本のGDPを超えた、というニュースがありましたが、はっきりいって異常な状態です。

世界の著名投資家/集団である、ウォーレン・バフェット財団、ビルグロースなども、着々と株を現金化して、暴落に備えていると言われています。

このタイミングで、「向こう20年を見据えた株式の長期投資をはじめよう」という気には、少なくとも僕はなれません。

※あと、仮想通貨とか、不動産とかは、よりハイリスクなので更におすすめできません。

そこでFX自動売買の出番です

FXは、通貨の売買です。ドル円、ユーロ円、ユーロドルなど、沢山の通貨ペアがありますので、これらを売買します。

FXは、通貨(例えばドル円)が、上がろうが下がろうがどっちでも利益を出せます。 ドル円が100円から110円にあがれば儲かりますし、110円から100円になっても儲かります。

私がおすすめするのは、その中でも、「FXの自動売買(アルゴリズムトレード)」というやつです。

実際に、価格の変動を素人が予測するのは、無理があります。 しかし、プロが作ったプログラムならば、ある程度予測して、勝手に売買してくれます。

ですので、素人の僕たちは、設定さえすれば、あとは放ったらかしでよいわけです。

FXはリスクが高いの嘘

よく、「FXはリスクが高い」と言われます。

正確には、「FXはリスクの高い取引もできる」し、「低リスクな取引もできる」という感じです。

例えて言うなら、同じ麻雀というゲームをやっていて、ある席では負けたら破産するような戦いをしており、その隣の席では勝ってもせいぜい1万円という戦いをしている、という感じです。

私は、後者に近い戦い方をおすすめしています。

(もちろん、FX自動売買も非常に自由度が高いので、大きな勝負をしかけることもできます)

最近だと、トルコリラの暴落で何千万も損をしたような人がニュースになりました。 その一方で、同じトルコリラの暴落で、ドイツ銀行が40億円近い利益を上げた、ともニュースになっていました。

少なくとも、なれるまでは、年間の利回りで20%程度を目指す程度にすべきです。(それでも十分高いですが笑)

20%を複利運用で回すと、初期投資額100万円が、10年後に600万になる計算です。 設定さえすればOK。あとは、プログラムが勝手に資産を運用してくれるのだから、やらない手はないと思ってます。

次は、「MT4で自動売買のはじめかた」を紹介します。

追記

FX自動売買といえば、トラリピやトライオートなどをご存知の方も多いかもしれません。 私もやってますが、結構、相場観がないと難しいと思っています。レンジを外れると含み損がかさみます。

これはまた別記事で・・・