https://keichang.hatenadiary.jp/archive

0から始めるFX自動売買

(ほぼ)放ったらかしで月利3%を目指します。

EA-BankがリニューアルしてEAを選びやすくなってたので運用再開

EAバンクは、無料で使えるEAを提供するサービスです。

EA-bankの仕組み

なぜ、無料でたくさんの「勝てるEA」が使えるのでしょうか?

海外FXブローカーが提供するサービスは、スプレッドが小さめのものと、広めのものがあります。EA-bankでは広めのスプレッドの口座を開く必要があります。そのスプレッド費用の一部が、EA-bank運営者やEA提供者にキックバックとして、ブローカーから支払われます。1万通貨往復でで30~50円くらいだと思います。

投資家としては、広めのスプレッドでトレードすることで、手数料を支払っている、ということになります。その代わり、色々なEAが使えるわけです。

これで三者Win-Win-Winになる仕組みがEA-bankです。考え方は素晴らしいですね。

EA-bankがリリースされて約1年半が経過

EA-bankは去年、鳴り物入りで始まったサービスだったと記憶していますが、リリース直後に絶好調で多くの人が使ってたEAが、突然の不長期を迎えたことで、ユーザーの多くが損失をくらいました。 その結果、EA-bankのブームは下火になってほとんど忘れ去られる存在になっていました。(私がチェックしているEA運用者界隈でも話題にほぼ話題にあがらない)

2020年になって、リリースから1年半以上が経過して、フォワード履歴がかなり蓄積されてきました。EA-bankではフォワードが不調なEAを、削除していくルールなので、厳しかった2019年相場を乗り切った「本当に強いEA」だけが生き残っている状態です。

さらに、2020年になってページがリニューアルされ、フォワード推移がグラフで見やすくなりました。これを見れば、「長期的に/安定してフォワードで勝っている」EAを簡単に見つけることができます。

久しぶりのEA-bankで選んだEAは!?

White_Hawk_EB

f:id:keiji_kc:20200109102715p:plain

Teal01_USDJPY

f:id:keiji_kc:20200109102801p:plain

不長期:9月中旬~10月上旬

BeeOne_USDJPY_for_EB

f:id:keiji_kc:20200109102830p:plain

不長期:11月上旬~11月中旬 ※元ネタはこれ

rakuraku_saikyosaisinban

f:id:keiji_kc:20200109102844p:plain

不長期:8月上旬~8月中旬、11月中旬~下旬

PoundMaster_EABANK

f:id:keiji_kc:20200109102913p:plain

不長期:10月上旬

Hunting SPIDER for USDJPY

f:id:keiji_kc:20200109102929p:plain

NasebaNaru EURJPY

f:id:keiji_kc:20200109103036p:plain

Swallow f:id:keiji_kc:20200109103118p:plain

不長期:10月上旬

MB-TradingSystem

f:id:keiji_kc:20200109103139p:plain

不長期:5月~8月

フォワードが出てるので素晴らしいですね。まぁ、短いフォワードではありますが、不調期に極端な重複もありませんし、どれもそこそこ強いと思いませんか?

リアル運用で早速150pips含み益!ポンドルが20pipsほどやられてますがトータルでいい感じです。(最終的にはこのポンドルも利確できました)

f:id:keiji_kc:20200110155825p:plain

Lotは小さすぎて恥ずかしいので、隠しました笑 0.01とか0.03とかです。

EA-bankも手堅く勝てるようになってるのかもしれません!

私のブローカはTradersTrustとTitanFXで運用していますが、安定しているのでオススメです。

始めるにはどうすればいい?

利用にはEA-bankを経由して、海外FXブローカーの口座開設が必要になります。といっても、国内証券会社で口座開設するよりも簡単な手続きです。 対応しているブローカーはEAバンクのページに記載されています。こちらのEAバンクのページのリンクから口座開設することで、EA-bank提供のEAが全て使えるようになります。PCで閲覧して、右上のメニューに「口座開設」があります。

→→EAバンクとは⬅⬅

ブローカーは色々ありますが、私はTitanFXとTradersTrustを利用しています。Tradeviewあたりもいいと思います。

XMはスプレッドが広すぎるのでやめたほうがいいです。Myfxmarketsとis6comというのは、私は口座を持ってませんが、評判が悪い会社なので避けたほうがよいと思います。

迷ったら、とりあえず、私が使っているTradersTrust、Tradeview、TitanFXあたりでよいのではないでしょうか。

それぞれ、クレジットカード経由で入金して、それを出金する、という過程を何度かやってますが、問題なく出金まで出来ております。

興味があったら、このバナーから覗いてみてください。

↓↓↓↓

国内証券会社で始める無料EAはこちら

上のEAバンクよりも、EAの実力でいうと下で紹介しているモノの方が強いと思います。(何故、Ea-bankを動かすか?といえば、リスク分散のため、というのと、海外ブローカーがハイレバレッジで運用できる、という2つが理由です)

ただ単に「安くEA運用したい」という希望なら、まずは下の国内の会社「Forex Exchange」のサービスを使う方がよいかと思います。その上で、さらに「無料で」運用の規模を広げたいときに使えるのが、上のEA-bankです。

keichang.hatenadiary.jp

追記(覚書)

EA-bank、私が2018年に過去に大きくやられたときの備忘です。

Good morning シリーズという朝スキャにロットをかけていたのが大敗の原因でした。当時、超短期間で調子がよかったというだけで、通貨ペアは一応わけていたものの、クロス円の朝スキャ(ドル円、ポン円、ユロ円など)に0.2~0.3Lotかけており、さらに、何故か実績もないNasebanaru USDJPYに0.3Lot×3ポジションものLotを、証拠金が30万くらいしかなかったのにかけていました。それぞれ30~50pipsずつ損切りになって、ドカンと負けました。

今回も、PounderMaster GBPUSD、White hawk EURJPY、Teal01 USDJPY、Hunting Spider USDJPY、Nasebanaru EURJPYが朝スキャです。実に8EA中、5つが朝スキャ。。バランス悪い~笑 

ま、これらは全く別の作者の別EAで、前回のGood morningシリーズにオールビット、みたいな状況とは違います。ですが、朝スキャは一定の特徴があるので要注意です。特に「指標発表があった翌日」には要注意して望みたいと思います。

朝スキャで利益を上げるには、本当にそれ(高ボラ直後に停止)が大事です。ほとんどの朝スキャは、東京時間の戻しに期待して短期逆張りをしたりするのですが、夜中の大きな変動の後の日本時間の動きは予測不可能です。これはEA-bankに限ったことではなく、朝スキャ全般に言えると思いますので、皆さんもぜひ注意してみてくださいm( )m