0から始めるFX自動売買

0から始めるFX自動売買

放ったらかしで月利5%を目指します。

mostsimではアメリカでUberは使えないかも

久しぶりにアメリカに来てます。前回が2014年だったので、実に5年ぶりです。LAの空港(LAX)は相変わらずセキュリティの都合で大混雑です。

少し備忘がてら、情報を書いておきます。

今回、アメリカ滞在前にAmazon格安SIMを見つけたので事前に購入しておきました。

結構素晴らしくて、飛行機が到着した瞬間からネットワークに接続できるので感動しました。

現地でSIMを買うのも、旅行の始まりっぽくて好きなんですが、このMOSTSIMほど安いのはないんじゃないでしょうか。

T-mobileは若干電波が弱いらしいですが、ほとんど気にならないレベルです。非常に満足度は高いです。

ただ、1つ欠点がありました。Uberを利用しようとしたときに見つけました。。

私、日本ではUberは使ったことがありませんが、前回、アメリカに行った時に知り合った人にUberに同乗させてもらったことがあるので、なんとなくサービスはわかったました。

Uberを使う時にポイントとして、ドライバーと電話できる状態だと、間違いがなくなって非常にやりやすくなります。ということを知ってたので、現地で登録しようと国内でUberの登録はせずに行きました。

それでMOSTSIMから提供された電話番号を確認して、現地でいざ登録しようとすると、すでに誰かがこの番号で登録しているからできない!と言われてしまいました。

そうなんです、Uberは特定の番号を別の誰かが上書き登録することができない仕様なんです。

色々やりましたが、無理そうでした。できる方法知ってる方がいたらコメントください。

そこで私は諦めて、LyftというUberと同じライドシェアアプリを使うことにしました。

Lyftも、5年前にポートランドで宿泊した先の若者に教えてもらったのでサービス名をたまたま覚えてました。ラッキー!

Uberに引けを取らないくらい普及しているアプリです。使えるのはアメリカだけかな?詳しいことはわかりません。

Lyftを登録しようとしたら、またもや、他の誰かが登録してる!と表示が。しかも、Lyftだと本名が出てる!山本なんとかさんだったかな笑

あー、これもダメかと思いましたが、Lyftはその電話番号に上書き登録ができました。もうミスりたくないので、バリバリ本名を書いちゃいました。次にこの番号を使う人がいたら僕の名前が出ますね笑 気になる方は、偽名でもよいかもです。

Lyftも素晴らしいアプリでした。配車はすぐだったし、全てにおいてストレスフリーでした。

きちんとMostSIMの電話番号にドライバーから電話がかかってたので、空港みたいなゴミゴミした場所でも、来て待ち合わせに苦労せずに助かりました。

ちなみに、私はちょっとでも節約しようと乗り合いを選択しました。

そしたら、普通に乗ってくるんですね。一人目はホテル前で地元のじいちゃんが、酒飲んだからLyft呼んだんだ、みたいなことを言ってました。もう1組は、マリワナくさい若者でした。LAはマリワナが解禁されてみんなガンガン吸ってるようです。Lyftのドライバーに聞いたら、彼も吸ってるらしく、マリワナはすごくいいし、タバコや酒よりよっぽど安全だよ、みたいなことを言ってました。

というマリワナ話はどうでもよいのですが、ライドシェア、本当に素晴らしいと思いました。「今日俺、ちょっと酒飲んで運転できないから、誰か相乗りできる人いないかなーっ」て車を探す、みたいな感覚、日本ではまずないですよね。無駄がなくてすごく効率的。日本でも普及したらいいのに。。

やってることは、運転手が一般人になってるだけで本質的にはタクシーと変わらないと思うんですが、すごく気楽に空間をシェアする感じがタクシーだとないよなぁと思います。相乗りプランにしたから、なおそう思ったのだと思いますが。でも、相乗りは本当によいアイデアだと思いますよ!