たまに書くブログ

仕事+資産運用は生活のため、お茶は生きるため。裏千家の茶人です。

MT4を使ったFX自動売買 収支-35399(7/9)

EA名 pips 日次収益 MaxLot 回数 累計収支
scal_usdjpy(C) 0 0 8 0 324463
一本勝ち(A) 0 0 15 0 137927
百花繚乱_eurusd 0 0 10 0 12780
PIPS MINER 0 0 2*3 0 39441
ココペリ_usdjpy 0 0 7 0 37405
Insta FX -40 -31115 10 0 16631
Spiral_audcad -24 -20518 10 2 7001
SCAL_usdjpy 0 0 8*2 0 -18705
一本勝ち(C) 0 0 10 0 692
Flashes usdjpy 0 0 8 0 -6790
Flashes eurusd 15 16234 8 1 -16338
EA_final_
max_Revolution
0 0 2*1.3 0 -11103
オンリーワン 0 0 4 0 -42094
三本の矢 0 0 1*2 0 -66324
裁量 0 0 - 1 -54341
合計 -50 -35399 - 3 414986

うーむ。うまくいかないなぁ。

こういう市販EAに対して、運用者ができることは、EAをストップするか(もしくはLot調整する)ということだけ。内部ロジックもよくわからない。

また、日々の運用を考えると、当日開始時点に持っている情報のみでEAに対する動作を決めないといけない。 往々にして、EAには苦手な相場があることは間違いない。 だから、苦手な相場が来たら止めればいいはず。まさに、今はEAにとって苦手な相場だから止めたい。

ただ、「苦手」を定義する必要がある。 一番簡単なのは雇用統計などの重要指標の発表前だけど、それだけではどうも、足りないようだ。

しかも、市販EAを止めるのはどうしても手動になるから、前日までの情報や、例えば、午前12時時点の情報などと、ある程度、余裕のある時間足で決める必要がある。 感覚的には、欧州と米国が締まった朝一が一番よさそうな気がする。

今のところ、あるEAは前日までのボラの程度で稼働ストップすれば、収益が著しく改善することがわかった。 ただ、一つ一つの分析が大変だから、エクセルをフォーマット化して、たくさんのEAを効率的に分析できるようにしたい。

あ、あと、Flashes usdjpyについては、買いや売り配分に傾斜を付けられるから、それをやってみるのもいいかも。 長期トレンドに反した逆張りを制限したり、レンジの上抜け/下抜けエントリーを制限すれば、改善しそうな気がする。

あー分析が必要だー。そう簡単には儲けさせてくれないね。