たまに書くブログ

仕事+資産運用は生活のため、お茶は生きるため。裏千家の茶人です。

MACかWindows、結局どっちがよかったか?

長年のWindows(Let's note、TOSHIBAなど)利用から、4年ほど前に仕事をやめてから、macbook airを手にして、そちらをメイン端末にしていました。

そして、仕事の関係で、現在のメイン端末は、Windowsに戻っています。

macWindowsのどちらがいいか?というのは、使い古された質問ですが、Win(Let's note)→Macbook air→Win(ハイスペックなデスクトップ)と、移り変わった自分的な感想をまとめておきます。

Windowsで出来て、Macで出来ない、ということはほとんどありません。 ただ、目的別におすすめはあります。

プログラミングするならMac

まず、利用用途ですが、プログラミングするなら、macかな、という感じです。

プログラミングをやる方の場合、ローカル環境を作りやすいのはosxのほうです。 (まぁ、Winでももちろん作れるし、これもまた慣れれば問題ないのですが)

プログラミング関連でいえば、Appleのオンラインショップで購入すれば、USキーボードが選べるのは、非常にありがたいです。

なぜなら、プログラミングをする場合は、圧倒的にUSキーボードの方がうちやすいからです。

そりゃ、当たり前な話で、英語を打つ人に最適化されているキーボードの方が、英語で記号をバリバリうつプログラミングはやりやすいのです。

特にプログラミングで頻出する{}とか[]とか、""とか、''とか、:や;も完全にUSの方が打ちやすいです。 JISキーボードだと、ブラインドタッチで全部やりきれない自分でも、USキーボードだとできちゃうんです。 慣れるのは、大変ですけどね。

※もちろん、Windowsでも、外付けのキーボードでUSに設定できます。

投資するならWindows

次に、マシンを使った投資といえば、やはりWindowsです。特にMT4を快適に動かすにはWinが必須です。

特にMT4を使った自動売買はWindowsにしたほうがよいです。 xmという、Macで動かせるmt4を出しているところもあるのですが、スプレッドが大きいので、おすすめできません。OANDAか、FXTFさんあたりで、Windowsマシンで回しましょう!

これは、投資家的には決定打です。

画像&動画編集するなら、ディスプレイ重視で!

色をもとめるなら、RetinaディスプレイMacでしょう。 やっぱり、発色は全然違います。

私がWinマシンで使ってるディスプレイがiiyamaの安物なので、色は、わざわざiphoneで確認したりしてます。 まぁ、デザイナーでもない限り、そこまで気にしなくてよいと思いますが・・・。

ちなみに、昔は、動画編集ならMacでFinal Cut Proだと思ってました。 しかし、最近、FilmoraというソフトをWindowsで購入してからその考えは変わりました。 私のレベルでは、Windowsで動く、Filmoraでも全く問題ありません。

OSの安定性は??

OSは、Win8以前ならば、OSXが圧倒的に優れていましたが、Win10はかなり優秀なので、基本性能で優劣はあまりないかな、と思います。去年末から使いだしたWin10のマシンは非常に安定してます。(相変わらず、アップデート&再起動の頻度はうざったいですが!)

一方、OSXは非常に安定していて、私の知る2014年以降では少なくとも(一時的なOSアップデートのときのバグはあっても)総じて素晴らしいOSです。私はmacbook airでメモリ8gbで3年以上使ってましたが、photoshopだって十分に動きました。今、メモリ16gbのWinマシン(SSD)を使ってますが、OSXの8gbも必要十分だったなぁと思っているところです。もちろん、重い作業は苦手ですが、同じスペックのパソコンなら、Macの方がややスピードは早いだろうと思います。

OSXのデメリット=Winとの互換性

OSXのデメリットは、Winとの互換性です。MAC時代、マイクロソフトOffice365を契約して使ってましたが、Windowsで見ると文字化けします。ZIPで閉じてWindowsユーザーに送ると、Winで開くと文字化けします。(もちろん、Windows側で対処できますが、Win側のユーザーが低リテラシーだった場合、非常に困ります。)

と考えると、社内外とのやり取りが多い事務仕事が多い方は、WInの方が楽そうだ、となります。

結局、選ぶなら・・・?

 ① Macを選ぶべき人・・・プログラマ/デザイナー/(本気の)動画編集者

→このあたりの方は、安定したパフォーマンスのOSXを使い、Retinaディスプレイで、快適に作業ができると思います。多分、この辺の方は、オフィスの使用頻度が低い(あるいは、低リテラシーの人とのやり取りが少ない)のではないでしょうか?

 ② 通常Winを選ぶべき人・・・営業・事務仕事が多い/投資家  →他社とのやり取りが多い、ハイスペックが必ずしも必要でない、MT4を使いたい、という方はWinでしょう。

同じ金額を出したときの、スペックはおそらくmacの方がよいのではないかと思いますが、一般人の多くの人はWinの方が、「パソコン使ってて困ることが少ない」という点で、よいんじゃないでしょうか。

 ③ ハイスペックWindowsを選ぶべき人  → これ、私です。Photoshopや動画編集もするし、簡単なプログラムも打つけど、他社とのやり取りが多く、おまけに、他社は、低リテラシーであることが多い、という感じです。

私は、デスクトップのマウスコンピューターを使ってます。 Core i7(7700k) で、メモリ16gb、SSD、ビデオチップ(Nvidia GE force 2gb)まで搭載しても、13万くらいで買えます。安い、安いよ!

事務仕事で文字化けがー、ということもなく、これだけのスペックがあれば、画像編集、動画編集もサクサクです。