たまに書くブログ

仕事+資産運用は生活のため、お茶は生きるため。裏千家の茶人です。

ラジコ(Radiko)で英語を勉強するなら「English Jukebox」がオススメ!

私、実はこの3年くらいずーっと英語を勉強しています。細く長く続けていて、すこしずつ上達を感じています。

ただ、国内英語学習組が乗り越えなければならない壁があります。

 

国内かつ働きながらの英語学習の最大の壁は「英語と接する時間の少なさ」です。

英語を習得するにあたって、よく言われる「毎日30分でもいいから続ける」、というのは必要条件ですが、十分ではありません。全然足りないと思います。

 

でも、仕事もあるし、、時間がない、、、という方は、「今、日本語でやってることを英語に置き換える」という発想が必要になってきます。私の場合、運転中に鼻歌を歌ってストレス解消というルーチンがありますので(笑)、それを英語に置き換えます。

 

何曲か、歌詞を覚えてる洋楽があるので、それを歌うのですが、やっぱり深いところまで意味を理解して歌うと全然、頭の使い方が違います。そして、洋楽って英文が省略されてたりしてちょっと難しいこともあるので、「理解しやすい英語で、歌いやすい曲」を選んで、完璧に意味を理解することが大事です。

 

それを全部やってくれるのが「FM OH!」のNova presents English Jukeboxです。

アメリカでのヒットナンバーを中心に、結構、淡々と加藤友郎さんが歌詞の解説をしてくれます。

 

例えば・・・2017年9月17日放送のBritney Spearsの「Everytime」という曲の紹介は次のような感じでした。(記憶を元に書いていますので、少し実際とは違うかもしれませんのでご容赦ください)

 

そして、意味を完全に理解しながら歌ってみてください。よいトレーニングになると思います。

 

YouTube Video

歌のテーマ

Justin Timberlake破局して落ち目だったブリトニーが、忘れられないJustineに対して書いたといわれる曲です。

英語の勉強にぴったりのゆっくりで覚えやすい歌詞です。

対訳

Notice me
私に気づいて

Take my hand
私の手を取ってよ

Why are we Strangers
when Our love is strong

私たちの愛が強い時に、どうして私たちは他人同士なの(距離があるの?)

Why carry on without me
なんで、私をおいて前に進んでしまうの?

Everytime I try to fly I fall Without my wings
私が飛ぼうとするとき、いつも翼がないから落ちてしまうの

I feel so small
自分がとても小さくかんじてしまう

I guess I need you baby
私はあなたがやっぱり必要なのよ。

And every time I see You in my dreams
夢であなたを見るとき、

I see your face It's haunting me
あなたの顔が現れて、私を怖がらせるの。

I guess I need you baby
私にはやっぱりあなたが必要よ

I make-believe That you are here
あなたがここにいるって信じるようにするの

It's the only way That I see clear
それが唯一の(あなたを)明確に見る方法なの

What have I done
私が何をしたっていうの

You seem to move on easy
あなたは簡単に前に進んでいるよう

ーー繰り返しーー

I may have made it rain
私は(あなたに)雨を降らせてしまったのかもしれない

Please forgive me
どうか許して

My weakness caused you pain
私の弱さがあなたを痛めたの

And this song's my sorry
この歌は私の「ごめんね」なの

At night I pray that soon your face will fade away

夜になると、(夢に現れる)あなたの顔が消えるように願うの

解説

2003年に発表された曲です。若くしてアイドルとしてデビューしたBritneyは飛ぶ鳥を落とす勢いでアメリカの国民的歌手になります。絶頂期に、付き合っていたのがJustin Timberlakeです。しかし、彼らはこの頃に破局してしまいます。それは、ブリトニーの浮気が原因だったと言われています。

 

この曲は、ブリトニーがジャスティンに対しての気持ちを歌った曲です。この曲から分かるのは、もしかすると、ジャスティンは彼女への束縛が強かったのかもしれません。成功の絶頂期だったBritneyは、彼のことが好きだけど、浮気に走ってしまいます。

 

夢の中で、I see your face, it's haunting me(あなたの顔をいつも見て、それは私を怖がらせるの)という歌詞や、その後、I may have made it rain(私が雨を降らせたの)といっていることなどから、彼女の浮気で彼が怒って破局した、というのは事実だろうと思います。

 

破局後、Britneyはいろいろなスキャンダルに見舞われてどん底まで落ちます。一方で、Justinは順調に売れていきます。そんな焦りも Why carry on without me(私なしでなんで進んでいってしまうの?)といった部分から感情を読み取れます。

別れる前は「Strangers」だったけど、今では I guess I need you。けど、At night I pray that soon your face will fade away (夜になると(夢に出てくるあなたにすぐに消えて欲しいと祈る)とも言います。

 

荒れていたころの、ブリトニーの複雑な感情を描いた歌詞だなということがよくわかります。

 

その後、実際の世界では、彼女は今世紀もっともCDを売ったアーティストになり、子供も2人つくり、幸せを掴みます。彼女にもこんなに辛い時期があったんだ、と思わせてくれる曲です。

 

こういった背景説明があるのが面白いEnglish Jukeboxです。

(一応)文法のポイント

特に難しいところはありませんが、ポイントはこのへんでしょうか

Carry on => 先々へすんでいく
He has decided to carry on the work
彼はその仕事を続けることに決めた

Make-believe =>ふりをする
The children made-believe they were grownup.
子供たちは大人になったふりをした

最後に歌詞だけ掲載

Notice me
Take my hand
Why are we
Strangers when
Our love is strong
Why carry on without me

Every time I try to fly I fall
Without my wings
I feel so small
I guess I need you baby
And every time I see
You in my dreams
I see your face
It's haunting me
I guess I need you baby

I make-believe
That you are here
It's the only way
That I see clear
What have I done
You seem to move on easy

Every time I try to fly I fall
Without my wings
I feel so small
I guess I need you baby
And every time I see
You in my dreams
I see your face
You're haunting me
I guess I need you baby

I may have made it rain
Please forgive me
My weakness caused you pain
And this song's my sorry

At night I pray
That soon your face will fade away

Every time I try to fly I fall
Without my wings
I feel so small
I guess I need you baby
And every time I see
You in my dreams
I see your face
You're haunting me
I guess I need you baby

 

以上です。