たまに書くブログ

仕事+資産運用は生活のため、お茶は生きるため。裏千家の茶人です。

Bitcoinのスプレッド高すぎ。投資にはいまいち?

はじめてのビットコイン購入(2017年1月)

Bitcoinを始めて買ってみた。約5000円だけなので、ほとんど意味のないレベルですが、実際の感じを確かめるために購入しました。

もろもろ、投資仲間から教えてもらって詳しくスプレッドについてや、業者について調査しましたので、ブログを更新します。

Bitflyerのスプレッドについて調べてみた

ビットコイン取引所

国内最王手の取引所である「Bitflyer」には、「Bitcoin取引所」と「Bitflyer Lightning」という二箇所があります。

Bitcoin取引所は現物取引で、Lightningは証拠金取引です。

現物Bitcoin取引所

現物取引は、個別株の取引に近いイメージで、商いはやや薄めで、売り手と買い手にそこそこ価格差があります。そして、売りから入ることはできません。(株でいう、信用取引はできない)

これは、FXのスプレッドというよりか、株の現物取引ザラバ方式のイメージに近く、売値と買値には、常にそこそこの乖離があります。

この画像の瞬間だと、8399円の価格差があります。これをスプレッドと捉えると非常に高いです。

●取引所の板 f:id:keiji_kc:20170922124659p:plain

②BitflyerLightning (Bitflyer内にある証拠金取引のツール)

つづいて、こちらは、FXのように最大15倍のレバレッジをかける証拠金取引ができるLightningの方です。

この画像を見ると、スプレッド0.07%とあります。 この日の価格が409300円なので、0.07%をかけると、約286円が手数料となります。

f:id:keiji_kc:20170922123645p:plain

通貨とビットコイン証拠金取引を比べた時にどうか?

ビットコインのスプレッドの計算は 1BTC×0.0007で、現在の価格で1度取引をすると、約286円が手数料です。

FXの手数料は、例えばSBI証券の主要通貨ペアのスプレッド一覧を見てみましょう。

f:id:keiji_kc:20170922135454p:plain

ざっと表にしてみました。表の一番下がビットコインです。

取引銘柄 取引金額目安 手数料(スプレッド) %換算
ドル円 1万通貨(110万円) 45円 0.004%
ニュージーランドドル 1万通貨(80万円) 250円 0.03%
ビットコイン 1通貨(40万円) 286円 0.07%

スプレッドは、やや高いけど、全然許容範囲!!ですね。

ドル円はさすがに安いです。110万円に対して45円だけです。 ニュージーランドドルは一気に高くなって250円です。%に換算すると、ビットコインの半分程度ですが、250円なのでほぼビットコインと同水準といってよさそうです。

つまり、ちょっと流動性の低い通貨ペアをFXでやるくらいのスプレッド、と考えればよさそうです。

そう考えれば、Bitcoinは、スキャルピングのような超短期の売買には向かないですが、1時間〜4時間以上の足を使ったスイングトレードには十分に耐えられるスプレッドの安さだと思います。

将来のビットコインの見通しは?

2017年9月には、中国がビットコインを規制して締め出したというニュースや、モルガン・スタンレーのCEOが、ビットコインをコテンパンに批判したりしたことで、ビットコインは暴落しました。その後は40万円くらいで耐えている、という感じです。

はたして、この通貨は、これからも伸び続けるのでしょうか? それには、少し大局から見たほうがよさそうです。

通貨のアンチテーゼとしてのビットコイン

従来の金融セクター側からすると、マネーサプライがこんなに適当に決まる通貨なんて信じられない、ということがビットコイン批判の中心です。独立した中央銀行が慎重にマネーサプライを決定している通貨に比べたら、ビットコインのマネーサプライはブラックボックスです。

見方を変えれば、今の通貨は中央銀行への信任があるから成り立っています。

逆に、中央銀行の信用がない国、例えばベネズエラなどではビットコインは非常に有効な存在です。中国でビットコインの人気が急騰したのも、中国の中央銀行への不信感からでしょう。

日本円への信任が薄らぐほどにビットコインは値上がりする?

これから、中央集権的な通貨の管理への不安が高まれば、ビットコインは値段がもっと上がってくると思います。日本においても、「日本円ってこれから大丈夫なの?」と考える人が増えるほどに、ビットコインの価値は高まると思います。

少子高齢の影響で東京オリンピック以降に円の価値はどんどん下がる、というエコノミストが結構いますが、それが本当に現実化すれば、日本でもさらにビットコインの価値は高まっていくのかもしれません。

投資商品としてのビットコイン

金利が付かないBitcoinキャピタルゲイン狙い

Bitcoin金利がつきません。原油やゴールドのような商品先物と同じで、トレンドにのってきちんと利確していくことが大切です。つまりチャートをきちんと読まないとビットコイン投資で勝ち続けるのは厳しいと思います。(たまたま上がった相場にのれて儲かった人はいっぱいいるでしょうけど)

Bitcoinは、プロの業者が入ってない分、素直な値動きなので基本的なチャート分析でよいと思います。(FXの世界はヘッジファンドが、仕掛けてくるから本当に読みが難しいのです)

現状、Bitcoinは、上目線で間違いないと思うので、きちんと、チャートを読んで着実に押し目を拾って、きちんとトレール注文で大きな下落に巻き込まれないようにするのがポイントじゃないでしょうか。

そういった取引ができるオススメのプラットフォームを2つ紹介します。

無料でBitcoinがもらえる!スプレッドも安い「Bitflyer」

この記事で紹介したスプレッドを実現しているBitflyerは、ビットコインをやるならもっていて損はないと思います。

  • レバレッジ15倍
  • FXなみのスプレッドの低さ
  • 使いやすい管理画面
  • 買い物するとポイントバック的にビットコインがもらえる

Bitflyerで、微妙に嬉しいのが、買い物する時にBitflyerのリンクを踏んでからネットで買い物すると、Bitcoinでポイントバックが受けられるサービスがあることです。

いつものネットショッピングの前にリンクをふんでやるだけで無料でビットコインがもらえます。

つまり、ポイント還元で無料でをビットコインをゲットして、レバレッジ15倍でまわせば、リスク0で結構もうけが出るかもしれません。

仮に1BTC10万の時に、1万円を証拠金にレバ15倍で買ってたら、今頃60万くらい儲かってます。

使えそうかなーと思ったサービスは次の通り。 * ファミマTカード発行:2700円相当のBTC * 楽天市場/トラベル:0.6% * ラクスル:4.8% * 日比谷花壇3% * カクヤス3% * ロコンド:3% * ピザハット:1.8% * ゲオのスマホ買取:3% * イトーヨーカドーネット通販:1.2%

全体的に還元率が高いのが特徴です。他にもどんどん提携先は増えています。

ポイントだけじゃ、雀の涙・・・と思っても、レバレッジかければ15倍まで膨れますからね!

さらに、町中でのショッピングでも対応しているサービスなら、このBitcoinで支払いができるものもあります。

Bitflyerはここですね↓ 今なら手数料0円らしいです。


bitFlyer 口座開設

MT4でビットコイン取引ができる唯一の国内業者はビットポイントFX

もう一つ紹介するのは、もっとガッツリ取引したい人におすすめのビットコイン取引所です。 FXを本格的にやった経験があって、mt4を操作したい、という人はこちらのビットポイントFXがいいと思います。↓↓

このビットポイントは、証拠金取引に特化してるので、Bitflyerのようにお買い物などでは使いにくいと思いますが、一度、資料請求くらいはしてみてもよいかもしれません。

私はFXでmt4を使ってますが、非常に本格的で便利なツールなので、スイングトレードで高頻度で取引したい!という方にはオススメです。

申込みはこちらですね↓


ビットポイントFX 新規口座開設

チャート分析の初心者の方

あと、金利の使いないBitcoinはチャート分析が必須です。チャート分析の本って、基本編のものについては、結局書いてることは似通ってるので、入門編はとにかっくわかりやすい本にすべきです。

タートルズの手法が優しく学べるのでこのあたりがオススメです。

やっぱりFXがいい、ってかたには・・・

こちらの記事で書いたように、FXは自動売買ツールがたくさんあります。 そして、もっとも簡単なのは、インヴァスト証券シストレです。2017年6月→9月で完全放置で約20万稼ぎました。

keichang.hatenadiary.jp

私はメインはまだまだFX派。ビットコインは、少額ずつ様子を見ながらやっていきます。シストレの運用レポートはちょくちょくアップしていくつもりです。

では、こんなところで失礼します。