読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイナマイトモチベーション6ヶ月計画!

仕事に熱中し、家族を大切にし、資産運用で人生に余裕を持つ33歳の記録

私の投資遍歴とフルオートとの出会い

今まで社会派をきどって幾つかの記事を書いてきましたが、アクセスがめっきり増えないので、自分のFX投資の記録用ブログに変更しようと思います。

私の投資遍歴

もともとは、勤めていた会社で自社株で合計700万程度の利益を出せたことが私の投資のスタートです。ただ、その後、FXに手を染めたのが全ての過ちのスタートでした(泣)

FXビギナーズラック(2014年末)

黒田バズーカや、異次元緩和など言われて2014年末、ドル円が120円を突破したころに参戦しました。当初はいくつかの上昇トレンドを上手く捉えて、瞬間的に5万、10万と利益が出せることに感動をしていました。なんと、世の中には簡単に儲けられる仕組みがあるもんだ、と。

調子に乗って損 〜2015年春以降〜

そこで、ドル円だけをやっておけばよかったものが、調子に乗って当時ボラティリティが高かったユーロ円や豪ドル円ニュージーランドドルなどに手を伸ばしていきます。経験の浅い私は、どんどん捕まっていき、ドル円で稼いだ利益はなくなり、−100万ほどの損をしていくのでした。。

当時、個別株や日経平均レバレッジなどもやって、トータルで80万くらいのマイナスになっていたかと思います。

こりゃアホらしいと思って2015年の夏以降は投資をやめてました。

久々にやってみようかな(悪魔の囁き@2015年末)

その後も、日本経済や円安は絶好調で、2万円を突破し、ドル円も125円を突破するような局面でした。あーやっときゃよかったーと、忙しい年末にポチっちゃうわけです。

しかも、これまでの経験から「差益で利益を出すのは難しいからスワップで行こう!」とバカなことを考えて、南アフリカランドに手を出してしまうのです。

1月に顔面蒼白になった瞬間は今でも忘れません。。まさかのランドのロスカット。ついでに保有してたドル円ロングもロスカット。信じられなかったですが、-400万くらいの損が出てました。_| ̄|○ il||li

含み損があると、仕事への集中力も削がれます。こんなの辞めてやる!とまた中断するのでした。。

再起!2016年8月

丁度、将来の試算計画をFPと話をしているところでした。こともあろうか、彼はドル円の貯蓄型保険を進めてくるわけです。FXと比べて馬鹿高い手数料、金利は固定で2.5%くらいと悪くないものの、レバレッジを掛けられない上、利上げの局面でも固定金利

こんなのやるくらいなら低レバレッジでFXで回したほうがマシでしょう!ともう一度FXに手をだす私。

やっぱりうまくいかない裁量トレード

1ドル100円〜103円をウロウロしている時、小さい単位で裁量トレードを再開しました。ちょくちょく利益は取れるのですが、過去の苦い経験から利小損大な取引になりがちでやっぱりうまくいかない。プラス圏を維持しているけど、こんなにがんばって+5万ですか・・・みたいな状態。

どうにかもっと楽できないか・・・シストレを知るものの・・・

私は、FXで「いつ買うか」「いつ売るか」を考えることにもう疲れてました。仕事に集中したいのに、チャートをちらっと見てしまう。こんな生活ダメだ、と思うようになりますた。(←反省を活かせない男)

でも、FXで損した分は、どうにかしてFXで取り返したい。そんな思いも持っていました。

そこで、私が注目していたのがシストレです。シストレとは、予めプログラムされたロジックで自動的に売買がなされるシステムトレードです。

要は、勝手にエントリーして、勝手に利確して、勝手にロスカットしてくれるわけです。色々な検証ブログも見ました。バラ色に連勝続きのロジックを紹介しているブログもあります。

しかし、ある期間、戦略Aが順調に言ってたとしても、トレンドが変わった次の瞬間戦略Aは含み損を拡大し、そのかわり戦略Bが順調に動き出す、ということが起こります。上昇トレンドから下降トレンドに相場が転換する、というのはわかりやすい事例ですし、トレンドが発生する通貨ペアが変わる、ということもあります。

そうすると、結局、相場を常にウォッチしていないといけないことにはかわりません。しかも、売買プログラムは有料で販売されていて1つ買うのに3万円とか平気でかかってきます。

うーーーーーーーん、自分でプログラム作ってしまおうか、、なんて考えてました。

そこでフルオートの存在を知る!

そこで、インヴァスト証券シストレ24フルオートというサービスを知ります。フルオート版シストレ24では数千の売買ロジックが無料で使える上、その時ベストな戦略を自動で選んでくれる、というのです。

これだーーーー!と思い、早速運用をはじめる懲りない私でした笑

つづく