読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイナマイトモチベーション6ヶ月計画!

仕事に熱中し、家族を大切にし、資産運用で人生に余裕を持つ33歳の記録

舛添さんが辞めたタイミングは見事なまでに最悪

"Why are they yelling? Who's listening to them?"

"なんで彼ら叫んでるの?誰も聞いてなくない?"

 

私がアメリカ人の友人と、某地区の選挙期間中に街を歩いているときに聞かれた質問です。

 

その時の情景は・・・
日曜の昼下がり、閑散とした住宅街で、一人マイクで叫び続ける選挙カー。たまに人が歩いても、迷惑そうな顔で視線をそらすだけ、という感じでした。

 

選挙期間中の日本でよくある光景です。

 

 私の隣で歩くLAからやってきたパツキンのチャンネー(←友人)から、上記の質問をされた時、とても恥ずかしい気持ちになりました。

 

「日本では選挙活動はああやってするんだよ」といった答えたら、鼻で笑われましたよ。ワーオ、と。

 

選挙カーサブリミナル効果と一緒?

 

選挙カーってなんなんですかね。名前を叫んで、無理やり記憶させて、投票させようなんて、発想はサブリミナル効果と同じじゃないですか。

 

百歩譲って、街頭演説はいいですよ、聞けば政策の中身がわかるから。けど、選挙カーは悪意すら感じますよ。The 近所迷惑。 

 

 

この話をふーん、と思ってよんだ皆さん。そんな皆さんに朗報です。

 

2020年、東京オリンピック観戦に都内に行けばお手軽に味わえます!

 

現在、都知事選の日程が7月31日もしくは8月7日で調整されているようです。

都知事の任期は4年なので、次の選挙は2020年の同時期。
オリンピックは2020年7月24日〜8月9日です。

どっちにしても見事にかぶります。

 

恐らく、歴代最多の外国人が観光を楽しんでいる東京の町中で、マック赤坂さんやドクター中松さんはじめ、候補者の皆さんがご自身の名前を大音量で連呼するのです。たまりませんね。

 

 

舛添さんも粋なことをしてくれるもんです。この恥ずかしさを1000万人の東京都民に味合わせるとは、日本の選挙活動への強烈なアンチテーゼをしてくれたんじゃないでしょうか。

 

また、行政の方にとっては、50億のカネが動く一大イベントの選挙と、世紀のイベント、オリンピックを同時開催ということで、相当大変な思いをするでしょう。今からお疲れ様です、と言ってあげたい気分です。

メディアはオリンピックと選挙のどっちを優先するんでしょうね。

 

候補者にも、行政にも、有権者にも、デメリットしかないドンピシャのタイミングですね。2020年の東京はきっとカオスそのもの。面白くなりそうです。

 

にしても、舛添さんも粘るなら、後2ヶ月くらい粘るか、どうせ辞めるなら後1ヶ月早くやめるかしてくれたらよかったのにね。