たまに書くブログ

仕事+資産運用は生活のため、お茶は生きるため。裏千家の茶人です。

もし人生をやり直せたら?という問いは案外有用

たまに夢想にふけって、あの時こうしていれば、と考えることがある。

10年経ったからわかることが沢山あるのだ。

大学生の頃、さっさと留学して英語をマスターすべきだったとか、それを強みにインターンシップすべきだとか、サークル活動すべきだったとか、そしたら、こんな将来が開けたたはずだったとか。

そんな完璧な人生最高やなぁと実現しなかった過去に思いを馳せつつ、30過ぎたの自分の足元を見ると愕然とする。なーんもできてないやん、と。

 

未来から過去を見るという思考方法

でも、あの時こうだったらなぁ最高やったのになぁ、と同じテンションで、十年後の自分に今の自分に対して「あの時ああだったら最高やったのになぁ」と語らせるとウジウジ思考から一気に未来志向になる。

まるで十年後の自分が、うじうじ今の自分に文句を言っているかのようにオッサン自分が今の自分がこうなったら最高やのになぁ、というのを語るのだ。すると、「あ、これ今できるやん」と気づく。

あの時ああだったらなぁ、とウジウジ考えることは、実は未来から逆算して思考するトレーニングになっているのだ。

Make yourself future oriented.