たまに書くブログ

仕事に熱中。他人に与えることが生きがい

舛添都知事を辞職に追いやった議員は覚悟できているのか

舛添問題に感じたことを一言。

都議会の皆さんは舛添さんを解任してもいいと思うけど、解任動議を出した面々は自分が立候補する、もしくは誰か優秀な方を責任をもって担ぎ出す覚悟がある上での解任動議ですよね?

候補する覚悟もないのに解任動議を出す議員がいれば、それはもう意味がわからない。「誰か優秀な人がきっと立候補してくれるでしょ」っていう感覚の議員がいたとしたら、もしくは、参院選があるからイメージ戦略のために首にしとくか、っていう発想だとしたら、数千万を無駄遣いした舛添氏の何倍も無駄遣いをする羽目になる。正論を振りかざして、大きな痛手を自らに追わせることになる。選挙に必要な予算は50億円でしたっけ?

解任してすぐに妥当なマニュフェストがまとめられて選挙に立候補できるくらいの準備ができている仕事人が都議会にいることを望みます。当方、政治にも東京都にも関係がに第三者ですが。

 

また、3万件も苦情が都庁にいってるそうです。民間の人も舛添さんに対して、苦情をいう気持ちはわかるけど、一体何に怒ってるのか冷静に考えた方がいい。

数百万円か数千万円の政治資金を私的な目的に使われたから怒ってるの?

ていうかみなさん政治家にそんなにクリーンなことを求めてるですか?私は政治家に何より成果を求めたい。極端な話、1億円分くらいクレヨンしんちゃんの本を買ってもいいから、今後10億、100億を生み出す政策を実現して欲しい。

むしろ、その辺を潔癖にやってるかもしれないけど何も成果を残してない仕事のできない政治家をまずは減らして、ひとりあたりの報酬をうんとあげて、超絶仕事人のみがつけるスーパー憧れの職業にしてほしい。無理なのかな?無理なんでしょう、でも方向としてはそういう方向希望です。

確かに、政治家が金で票を買収するのはいかん。だけど、舛添さんの遊び方は、なんでも法律上OKなら領収書切っちゃう悪い癖があって、お金に緩かっただけ。ケチ臭いけどかわいいもんよ。友達とご飯たべて領収書切ってるそこらのフリーランスや中小企業のおっちゃんと同類ですよ。「ま、いいっしょ」が多い人なんでしょうね。

あ、ちなみに私は舛添さんはすごくダメな政治家だと思ってて、その理由はほとんど成果をあげてない(ように見える)から。私が感じてる違和感は、潔癖症風の方々による「自分は倫理観が優れてるんだ!」という正論を振りかざした舛添叩きの理由です。

そして、私の意見は、新しい組閣にコミットする覚悟なくして、世論に流されて解任動議を出すな都議会コノヤローです。みんなリスクを取る覚悟が決まってる議員さんだったらスミマセン。(そりゃ政治はコンセンサスで動く世界でしょうし、メディアから心の内を知ることは難しいですしご勘弁)

正論を振りかざすだけじゃ世の中も、自分も変わらない。芸能人各位の不倫騒動で連日騒いでる件も同じだろうけど、さて民主主義とは(大衆の気持ちの移り行きとは)これいかに難しいものか。